我要加入

文豪とアルケミスト《特務司書書齋》

會長:grace8305153 / 霧辰玥開設日:2016-11-11 16:05:45

  • EXP

  • 資金88849  
  • 關連作品文豪與鍊金術師...看更多
  • 招募制度:審核制
  • 成員:329 人
  • 昨日人氣:113

「は」 回想

推上精選編輯

近期編輯:ARUonna ...看更多

武蔵野(3)




国木田独歩、田山花袋

内容
翻譯
国木田独歩
はっ、紅露時代という輩が未だにのさばっているとは!
なぜ新しい文学を見ようともしない!
哼,紅露時代那票人直到現在還那麼囂張!
對新的文學連看都不看一眼!
田山花袋
時代がついてこれないって辛いよなー。でもさ、今更生き急ぐ必要もないだろ
新しい文学はもう生まれてきてるんだからよ
時代沒有跟上自己真的很辛苦呢
可是啊,事到如今已經沒必要那麼著急了吧
因為新的文學已經誕生了啊
国木田独歩
フッ、やはり生きている間に名を挙げることができた男の言うことは違うな
哼,真不愧是在世時就享有名聲的男人,說的話就是不同呢
田山花袋
な、なんだよ人がせっかく慰めてやってんのに
怎、怎樣啦,難得我好心想安慰你的說
国木田独歩
冗談だよ。いつも花袋には世話になっているからな
特にアンタが小説の書き方を教えてくれたことは、俺の人生最大の刺激になったよ
開玩笑的啦。畢竟我總是受花袋照顧呢
尤其是你教我怎麼寫小說這點,大大地刺激了我的人生
田山花袋
お、そこはちゃんと感謝してくれてるのね、感心感心
喔喔,你有心存感激這點我很感動唷
国木田独歩
まあな、人生を論じ、文芸を論じ、自然を共に語ったじゃないか。
有難く思っているぞ
我們不是還一起討論人生、文藝和自然嗎。
這我真的很謝謝你
田山花袋
今も忘れることができない、あの丘の上で……ってか? 照れるね
直到現在也忘不了,在那座山丘上......是這樣來著的嗎。好難為情呢
国木田独歩
フッ、何だそれ、俺の文体を真似したつもりか?
哈哈,你在說什麼啊?是想要模仿我的文風嗎?





国木田独歩、島崎藤村

内容
翻譯
国木田独歩
そうだ島崎! 今いる自然主義者でまた集まって文学談義をしよう!
俺にとっても、皆にとっても良い刺激になる!
島崎!我們來開文學講壇,把自然主義的大家集結在一起吧!
對我們大家來說都是個好的刺激!
島崎藤村
それ、とてもいいと思う……僕も取材がいっぱいできそうだし
我覺得很棒......這樣我好像也能盡情地採訪呢
国木田独歩
夏目派の奴らも木曜会をしているらしいしな、俺達もやらねば!
夏目那一派的人似乎也在開木曜会*,我們不辦不行!
(譯註:「木曜会」直譯是「星期四會談」,這邊保留原字。「木曜会」是夏目漱石於自家開的聚會,讓學生或慕名而來的文學家齊聚一堂,議論各式各樣的事物。因為都開在禮拜四而得名。)
島崎藤村
対抗意識を燃やしてるね、国木田。君のその情熱的なところ、とても面白いと思うよ
國木田,你的競爭意識很強烈呢。
我覺得你那熱情的地方很有趣唷
国木田独歩
アンタにとって格好の取材材料になっているなら本望だがな
如果這對你來說是個良好的採訪題材的話,我也滿足了
島崎藤村
うん、その点は安心していいよ、君は見てて飽きないからね
恩,關於這點你可以放心唷,我對你是不會感到厭倦的
国木田独歩
フッ、俺も新しい考え方をアンタから得ているよ。その性格は俺と正反対だが、それだけに学ぶことも多い
我也從你身上學到很多新的想法唷。
雖然我們彼此個性正相反,卻也因此學到了很多東西
島崎藤村
え、そうなんだ。ありがとう……
うん……確かに取材されるのも、たまには悪くないのかもしれない
咦,是這樣啊。謝謝你......
嗯......偶爾換成自己被採訪或許也不是件壞事





国木田独歩、有島武郎

内容
翻譯
国木田独歩
よお、有島! アンタ、俺をモデルにした小説書いたんだってな
唷,有島!聽說你拿我當故事腳色的原型寫了小說*呢
(譯註:有島武郎『或る女』,以國木田為原型的腳色叫木部孤笻)
有島武郎
ええ、実は僕の友人とも遠からず関係があってですね
あなたと、あの方の間にあったことを取材させてもらいました
是的,其實是因為你和我的一位朋友關係不遠呢
所以我就訪問了你和那位女士*的事了
(譯註:『或る女』的女主角早月葉子的原型為國木田的前妻佐佐城信子)
国木田独歩
あること無いこと書くなって、あいつ、怒鳴りこもうとしたらしいじゃねえか
ま、アンタはすでに死んじまってたみたいだがな
那傢伙好像氣得要命,罵說不要寫些有的沒的。
嘛,不過那時你好像也已經去世了呢
有島武郎
僕はむしろあの方に対して、尊敬に近いものを感じていたのですが……
不如說,我對那位女士的看法是比較接近尊敬那邊......
国木田独歩
新し過ぎたんだよな、あいつの生き方そのものがよ
是那傢伙的生活方式太過新穎了啦
有島武郎
女性が皆あのように、思うまま自由に生きられる世の中になれば良いのにと思います
我覺得要是這世間的女性都能像她那樣自由自在地活著就好了
国木田独歩
フッ、有島もなかなかに斬新だよな!
哈,有島也是想法十分嶄新呢






お目出たき人(3)

武者小路実篤、志賀直哉

内容
翻譯
武者小路実篤
ねぇ志賀、僕たちが会っていた頃は
一緒に歩いて旅行したこともあったけど、またやらない?
吶,志賀,我們相遇的時候曾一起徒步旅行呢,要不要再來一次?
志賀直哉
武者と二人旅、そんなこともあったなー
……でも結局お前は、宿の手配を全部俺に任せっきりだったよな
跟武者兩人一起去旅行,的確有這麼一回事呢......結果你卻把預約住宿的事全都丟給我做了呢
武者小路実篤
そういったことは志賀が得意と言っていたから、任せた方が良いと思って!
那是因為志賀說你很擅長那些事,所以我才覺得交給你做比較好!
志賀直哉
はいはい、全く武者は何にもしようとしねえんだから……
そうだ、折角旅行するんなら自転車で……っていうのはどうだ? 歩くよりも早く遠くまで行けるぜ
好好好,真是的,武者根本什麼事都不想做.......
對了,既然要旅行的話就騎腳踏車去怎麼樣?能比走路更快到更遠的地方喔
武者小路実篤
生憎(あいにく)だけど、僕は自転車には乗れないんだよ
很遺憾,我不會騎腳踏車唷
志賀直哉
マジか……あんな便利なもの、未だに覚えていないんだな。
ダッセー奴……
真的假的......那麼方便的東西,到現在還不會啊
真遜......
武者小路実篤
むむ、じゃあ志賀! 自転車の乗り方を教えてよ!
那麼志賀你就教我怎麼騎腳踏車!
志賀直哉
ええ……お前に自転車の乗り方なんて、絶対めんどくさいやつじゃん
欸......教你怎麼騎一定很麻煩!
武者小路実篤
いいから、教えてよー!
そんな便利だっていうのなら、覚えなければ損だと思うんだ。ねえ、お願いっ!
不管,教我啦!
你都說騎腳踏車很方便了,要是不會就吃虧了。
吶,拜託你啦!
志賀直哉
ったく…………しゃーねーなー
真是的,真拿你沒辦法啊






有島武郎、志賀直哉、武者小路実篤(全員Lv.30以上)

内容
翻譯
有島武郎
……白樺派三人組が勢揃いしたみたいだね
白樺派三人齊聚一堂了呢
志賀直哉
こうして見比べてみると、お前たち二人って似てるよな
這樣一比,你們兩個給人的感覺比較像呢
武者小路実篤
志賀は高貴さが無いんだよ。王子集団としての理想への実践が足りないね!
那是因為志賀沒有高貴感呢。身為王子集團的一員,你在實踐理想方面還不夠唷!
志賀直哉
そりゃ、お前たちに比べると俺はリアリストになるのかもしれんが……うーん
那是因為,和你們相比,我是朝現實主義者的方向前進的也說不定......嗯——
有島武郎
志賀君、納得いかないみたいだね
志賀似乎不太能接受呢
武者小路実篤
白樺は別に思想的な決まりがあったわけじゃないさ。別に責めてはいないよ!
我沒有在責怪你啦。白樺本來就沒有思想上的規定。
志賀直哉
はいはい。決まりというか、白樺は基本的に武者の博愛精神で構成されてた雑誌だよな
一応、俺と始めた訳だけどさ
是是是。說是規定,白樺基本上是基於武者的博愛精神而創立的雜誌呢。
好歹我也是創立者
有島武郎
そうだね。それであれだけ同年代の友人達が文学に目覚めたのだから、やっぱりすごいよ武者さんは
說得也是呢。因為有白樺,很多同年齡的朋友們在文學上覺醒了,真不愧是武者,你好厲害
武者小路実篤
ふふん! どんどん褒めてくれちゃって構わないよ!
哼哼哼!儘管誇獎我吧,我不介意唷!
志賀直哉
やめとけ有島。これ以上、武者を調子に乗らせるとまずいぞ……
有島,還是算了吧。再這樣讓武者得意忘形下去就糟了......






中原中也、若山牧水

内容
翻譯
中原中也
チッ……酒が切れてやがる……
呿........沒酒了.......
若山牧水
こいつでも飲むかい? 口に合うかは知らんが
要不要喝喝看這個啊?雖然不知道這和不和你的胃口.......
中原中也
お、良いのか? ありがたくもらうぜ、おっさん!
啊,你要給我喝嗎?謝謝你,我收下啦,大叔!
若山牧水
おっさん……まあいいや
居然叫我大叔......不過算了
中原中也
ゴクゴクゴク……プハーッ
咕咚咕咚咕咚......噗哈
若山牧水
一気に飲み干した……おもしろいやっちゃな
一口氣乾了整杯......真是有趣的傢伙呢
中原中也
おっさん、いい酒を知ってるな! 何処で仕入れているんだい?
大叔,你真是識好酒呢!這是在哪買的?
若山牧水
おっ、この味が判るか! そうだな、特別に教えてやろう
少し遠いところなんだが、折角だからこの後行ってみるかい?
喔喔,你懂那瓶酒的味道嗎!那麼我就特別告訴你吧。
雖然距離這裡有點遠,機會難得要不要一起去啊?
中原中也
そりゃあいいな! あっはっは、今日はいい酒が飲めそうだ!
當然好啊!啊哈哈哈,看來今天能喝上好酒!






山月記(3)




太宰治、坂口安吾

内容
翻譯
太宰治
俺ってばもうダメだわ……人間失格……
我已經不行了……我不配當人……
坂口安吾
お、鬱モードだな太宰
喔,是憂鬱模式的太宰
太宰治
なあ安吾、俺って生きている意味ある?
死ぬしかないよな? そうだろ?
喂,安吾,我有活下去的理由嗎?
我只能去死吧?對吧?
坂口安吾
はいはい。今は一緒に死んでくれる女もいないんだから下手な考えはやめとけよ
是是。但是現在沒有能夠跟你一起去死的女人,所以別再打什麼壞主意唷
太宰治
なんだよ安吾!
せっかく相談しているんだから、そこはもっと真剣に俺の生きる意味を考えてくれよ!
什麼嘛安吾!
難得找你商量,你就不能認真地幫我思考我活下去的理由嗎!
坂口安吾
うるさいな……じゃあ、俺が思ってることを言ってやるよ
アンタは結局、自己陶酔がチラチラするだけのヘタレな真っ当人間なんだから
諦めてコメディアンになりきれよ、中途半端に恥ずかしがるなって
吵死了……那我就把我的想法直接說出來吧。
你到最後只是個不時沉浸在自我陶醉中、膽小無能的正經人罷了。還是放棄吧,去當個完美的丑角,半途而廢地是有多丟臉啊
太宰治
う、俺だって周りを楽しませようと頑張ってるよ! そういうのもちゃんと書いたし!
だけど、たまに生きる不安が俺を襲って逆方面にペンを走らせてくるわけ!
でもどっちも俺なの! そこわかってくれる?
嗚,我好歹有為了取悅周遭而努力過啊!這我也有好好地寫在我的作品裡!
可是,對生活的不安偶爾會向我襲來,讓我的筆鋒往壞方面寫去啊!
但不管是哪一種,那都是我啊!那樣你能夠理解嗎?
坂口安吾
ははは、みんな知ってるよそんなこと
そうやって自分をベラベラ解説しまくるところがヘタレっぽいんだよな
ほんとめんどくさい奴だよアンタは
哈哈哈,這種事大家都知道啊。
像那樣自己在那邊喋喋不休地說明的模樣真是沒用啊。
你真是個相當麻煩的傢伙呢






萩原朔太郎、北原白秋

内容
翻譯
萩原朔太郎
白秋先生! 詩を書いてきました……
白秋老師!我寫了詩過來......
北原白秋
やあ朔太郎くん、また来たね
……ふむ、なかなかいいんじゃないのかい?
呀~,朔太郎,你又來找我了呢
.......嗯,還不錯啊
萩原朔太郎
ええ、でも、リズムが足りないんです
文語詩だけじゃ、自分の求める詩は完成しない……!
嗯,可是我覺得旋律不夠。只寫文言詩*是無法完成我想追求的詩的!
(譯註:原文「文語詩」是指用古文法古語所寫的詩,與此相對以近現代文法口語寫成的詩稱作「口語詩」。)
北原白秋
朔太郎くんのその詩に対する執念深さは興味深いが、少し心配だよ
そうやって自分を追い込んで、何処までやれば気が済むんだい
我對朔太郎那樣對詩的深深執著很感興趣,不過也有點擔心呢。
那樣鑽牛角尖到什麼地步才甘心呢。
萩原朔太郎
みんなそう言います……
でも、その先に自分の求める詩がある限り、諦めきれないんです
大家都那麼說......
可是,只要還有我所追求的詩存在,我是不會放棄的
北原白秋
さすがは、生まれながらの詩人といったところだね
真不愧是生來當詩人的人呢
萩原朔太郎
自分は歌も俳句もできる白秋先生と違って、詩しか作れませんから……
那是因為我只會寫詩,不向白秋老師能寫歌又能寫俳句......
北原白秋
フッ、それは僕の才能だからこそ可能なのだよ
気に病む事は無いさ
哼哼,那是因為我很有才所以才辦得到的唷
不用放在心上
萩原朔太郎
さすが、言葉の魔術師と呼ばれる人の言う事は違いますね……
真不愧是被尊稱為語言魔術師的人呢,說的話就是不一樣.......
北原白秋
でも朔太郎くんは詩の才能に恵まれている、これは本心だよ
その理想に到達した時に朔太郎くんがどんな詩を作るか、楽しみだね
可是我是真心認為朔太郎有寫詩的才華的唷
我很期待朔太郎完成理想時會寫出什麼樣的詩呢
萩原朔太郎
……白秋先生! うう、今日はいい詩が書けそうです……!
.......白秋老師!嗯,今天似乎能寫出好詩呢......!





中島敦、吉川英治

内容
翻譯
中島敦
あれ、ここは……?
……全く思い出せない、今日は彼の機嫌も随分と悪かったみたいですね
咦,這裡是......?
......完全想不起來。看來今天他的心情相當糟呢
吉川英治
やあやあ、敦くん! さっきの戦いでは素晴らしい活躍だったぞ!
呀,敦!你在剛才的戰鬥中表現地很精彩活耀呢!
中島敦
吉川さん……お褒めの言葉をありがとうございます
吉川先生......謝謝你的讚美
吉川英治
……おや? 君は不思議なほど雰囲気が変わるな。さっき我が見た君とはまるで別人のようだ
......咦?你給人的氛圍改變到一個很不可思議的地步呢。和我剛才看到的你完全不一樣,就像變了個人似的。
中島敦
……そうですか? あまり自覚は無いのですが……
それに……さっきの戦いのことは無我夢中であまり覚えていないのです
......是這樣嗎?我是沒有什麼感覺......
而且......剛才太熱衷於戰鬥中了,什麼記不得了。
吉川英治
はっはっは、それはいかん!
夢中になるのも良いが、それで油断してしまっては元も子もないぞ!
「前事を忘れざるは後事の師なり」だ!
哈哈哈,那可不行!
熱衷於一件事是好的,不過要是因此大意的話可就賠了夫人又折兵呢。
所謂「前事不忘後事之師」!
中島敦
ふふ、司馬遷の言葉ですね
嗯,是司馬遷說的話呢
吉川英治
お、さすが敦くんだ。詳しいな!
喔、真不愧是敦,很了解呢!
中島敦
私も歴史が好きですから
因為我也很喜歡歷史啊
吉川英治
それは奇遇だな! はっはっは、仲間を見つけて嬉しいぞ
一度ゆっくり、歴史の浪漫について語らいたいものだな!
真是太巧了!哈哈哈,遇到同好真的很高興。
有空真想一起好好地聊聊歷史的浪漫呢!






あらくれ(3)

萩原朔太郎、室生犀星

内容
翻譯
萩原朔太郎
ぐすぐす、犀……
嗚嗚,犀……
室生犀星
ど、どうした朔……!
おい、誰だ朔を泣かした奴は! 許さん!
怎、怎麼了嗎朔……!
喂,是哪個傢伙惹哭朔的!不可原諒!
萩原朔太郎
ぐす、ううん、さっきそこで自分の靴の紐を踏んづけて、転んじゃったんだ……
嗚,不,剛才在那邊踩到自己的鞋帶,就跌倒了……
室生犀星
またか! これはまた盛大にこけたな!
どうしてお前はそうドジというかなんというか……なんなんだろうな……?
又來了!你又華麗地摔了一跤嗎!
為什麼你會這麼冒失阿……到底為什麼阿……?
萩原朔太郎
わかってるよ……自分は何度学校に行っても退学ばっかりだし
医者にもなれないどころかまともに働けもしない
何をしても上手くできない超絶駄目人間なんだって……ぐす、へぐ
我知道為什麼……自己去了好幾次學校都被退學、醫生也當不上、認真工作也做不來
是個不管做什麼都做不好超級沒用的人……嗚嗚
室生犀星
まあ元気出せって! 何も出来なくても、お前には詩があるじゃないか
打起精神來!就算什麼都做不來,你還會寫詩不是嗎?
萩原朔太郎
うう……本当にそう思う?
嗚嗚……你真的是這麼想的嗎?
室生犀星
初めてお前の詩を見た時、ああ俺がここにもいるって思ったんだぞ
……そこまで人を揺さぶる詩を作る、それって本当にすごい事だからな
第一次讀到你的詩時,我可是產生『啊啊、我也在這裡』的想法啊。
……能夠作出如此撼動人心的詩,那可是相當厲害的事情呢
萩原朔太郎
うう……犀……! わああん大好きーー! 生まれてきてよかったーー!
嗚嗚……犀……!哇啊啊我最喜歡你了ーー!能來到這世上真是太好了ーー!
室生犀星
わかったわかった、全く泣いたり喜んだり忙しい奴だな……
好了好了,又哭又笑的你可真是個忙碌的傢伙吶……






泉鏡花、徳田秋声

内容
翻譯
泉鏡花
秋声、今日という今日は逃しませんよ!
秋聲,今天我是絕對不會放過你的!
徳田秋声
なんだよ鏡花……僕は君なんかに用はないんだけど
鏡花,怎麼了......我跟你之間可沒什麼好說的
泉鏡花
僕にはあるのですよ。あなた、師である紅葉先生に対して敬意が欠けているのではありませんか?
同郷の兄弟子に対してもそのような態度、僕でなければ許されません!
我可是有的。你不覺得自己對紅葉老師缺乏敬意嗎?
對於同鄉的師兄也是,你那種態度,要不是是我,可是沒辦法輕易被原諒的!
徳田秋声
君と一緒にしないでくれないか。先生を神の如く拝む君の信仰を押し付けないでくれ
先生は人間だし、僕達が越えなきゃならない壁でしかないじゃないか
可以不要把我跟你相提並論嗎。不要把你將老師當神拜的信仰強加在我身上。
老師也是人,不是我們跨不過的一道牆壁不是嗎?
泉鏡花
そのような考え方が許されるとお思いですか!
僕のお陰で先生の弟子になれたというのに、その兄弟子のいうことすら聞けないとは!
你以為我會接受你那樣的想法嗎!
你明明是靠我幫忙才能成為入室弟子的*,卻連我的話都充耳不聞!

徳田秋声
確かに君のおかげかもしれない、でもそれとこれとは別だろう?
我的確是靠你才能加入門下的沒錯,但這跟那是兩回事吧?
泉鏡花
本当に恩義というものを知らないようですね、あなたという人は!
もう少しマシな人間だと思っていました! 見損ないましたよ!
你真是個忘恩負義的傢伙!
我本以為你是個還不錯的人!
我看錯你了!
徳田秋声
ふうん、言ってくれるね!
だったら言わせてもらうけど、僕は君ほど先生の教えを実践できた訳じゃないんだ!
優秀で先生の教えもどんどん吸収して、可愛がられてきた君と違ってね!
哼,真敢說呢!
那就讓我告訴你吧,我沒辦法像你一樣實踐老師所教導的一切!
我不像你那般優秀,不停地吸收所學,一直受到老師的疼愛!
泉鏡花
……! あなたは全く、そんな風に思っていたのですか!
あっ、待ちなさい! まだ話は終わっていませんよ!
......!你真的是那麼想的嗎!
啊,給我站住!我話還沒說完呢!

(譯註:的確如鏡花所言,最一開始秋聲想入尾崎門下而上門拜訪,被身為門口接待的鏡花告知老師不在,寄給尾崎的原稿也被退回,原稿上寫著「青澀的柿子連烏鴉都不願意吃」,意指在看到秋聲有發展的可能性前是不會理會他的。直到3年後秋聲得到鏡花的引介才終於入門。)




中原中也、太宰治

内容
翻譯
中原中也
おーい、モモノハナ野郎!
喂—桃花笨蛋!*
(譯註:出自中也和太宰在一次的酒席上,中也問太宰喜歡什麼花,太宰回答說是桃花。)
太宰治
ゲッ……よ、よう中也
呿......你、你好啊中也
中原中也
あん? 「ゲッ」つったか今? ゲッてなんだよおまえ
蛤?你剛才是不是說了「呿」啊?你那是什麼意思啊
太宰治
い、いやなんでもないです
不、我什麼都沒說......
中原中也
なーに畏まってんだよ! 相変わらずおまえは辛気臭え奴だなあ
你在那邊怕什麼!還是老樣子一臉鬱悶呢
太宰治
(ヤバイヤバイ、脈絡がないし既に酒臭いし、これはヤバイ……非常にヤバイ)
(糟了糟了糟了,他講話完全沒邏輯又一身酒臭味,這下真的完了,超級完蛋了)
中原中也
まあいいや! 仕事も終わったし、これから飲みに行こうぜ!
算了!工作也結束了,接下來一起去喝一杯吧!
太宰治
エ、それはチョット遠慮させていただきたいのですが……
咦、不好意思請容我拒絕.......
中原中也
ああん!? ツベコベ言ってっと投げ飛ばすぞ!
蛤啊?敢頂撞我就把你丟飛出去!
太宰治
ヒ、すみません……
噫、對不起......

公會首頁

主選單
常見問題
  特務司書入門
  各項系統
  其他
文豪大全
  文豪圖鑑一覽
 
 
 
 
回想圖鑑
  手紙內容一覽
  食堂献立
有碍書
  有碍書相關
  「い」の段
  「ろ」の段
  「は」の段
  「に」の段
  「ほ」の段
  「へ」の段
  「と」の段
  「ち」の段
  特定有碍書
イベント一覽
  進行中
  已結束
關聯資料

目前沒有資料連到「「は」 回想」。


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】